メニュー

大阪府立高校一般選抜、直前の3日間でやるべきこと!!!(個別指導塾フォレスト城東区の蒲生四丁目駅前校)(蒲生四丁目塾)(塾蒲生四丁目)(蒲生四丁目 塾)(塾 蒲生四丁目) | 城東区・生野区・東成区の個別指導塾フォレスト

  •                                    tel:06-6939-1001
  •                                    tel:06-4306-6300
  •                            tel:072-269-4333

 

塾長 炎のブログ

大阪府立高校一般選抜、直前の3日間でやるべきこと!!!(個別指導塾フォレスト城東区の蒲生四丁目駅前校)(蒲生四丁目塾)(塾蒲生四丁目)(蒲生四丁目 塾)(塾 蒲生四丁目)

公開日:2019年03月07日(木)

入試直前の3日間でやるべきこと・・

それは、何を差し置いても

赤本、赤本赤本です!!

教科ごとの赤本の取り組み方を下記パート1~3でお話します。

 

【パート1】理科・社会に関して

理科・社会に関しては、 塾でやった赤本や予想問題の中で、 できなかったところだけをやり直しましょう。

(余裕があれば、中3時の実力テストや中3時に受けた五ツ木の理科・社会のできなかったところもやりましょう。)

「できない問題」を「できる問題」に変えましょう。

「できない」⇒「できる」に変える!!

 

【パート2】英語・数学・国語に関して

英語・数学・国語に関しては、 既に演習している2018年・2017年・2016年の問題を、 時間を計って再度、解きましょう。 理科・社会に関してはできなかった問題のみで結構ですが、 英数国に関してはできた問題も含め、再度、時間をきっちりと計り、1から解きましょう。(当然ですが、A問題・B問題・C問題どれを解くかは自分の受験校に合わせて下さい。)

問題を解く年度の順番ですが、2018年度⇒2017年度⇒2016年度の順番で取り組んで下さい。

直近の2018年度の問題が一番大事なので2018年度から取り組んで下さい。

3年分の過去問を再度解いて、入試問題の出題形式に頭を慣らしましょう。

 

【パート3】リスニングに関して

入試前日の日曜日は必ず去年のリスニング問題を聞いて下さい。

赤本にリスニングCDが付属しています。

(赤本がなければ、塾で配布したリスニングCDを1回分でも結構です。)

耳を英語に慣らすことが大切です。

 

※基本的に直前3日間は問題集をやる時期ではありません。

※理科・社会が一番伸ばしやすいので、「英数国」も大事ですが「理科・社会」のほうに比重をおいて下さい。

※理科・社会は、今までにやった赤本や予想問題の中で、 「できない問題」⇒「できる問題」に変えて下さい。

※英数国は、入試問題の出題パターンをもう一度体に覚え込ませましょう。

 

入試は直前が一番大事です!!

前日までしっかりと気を抜かず上記の内容を取り組んで下さい!!

 

過去問small