私立専願の生徒が入試1ヵ月前からすべきこと | 城東区・生野区・東成区の個別指導塾フォレスト

私立専願の生徒が入試1ヵ月前からすべきこと

(※注)この記事は、私立専願入試を1ヵ月後にひかえた生徒向けに書いています。

 

高校受験は直前の時期が一番大切です。

今から入試前日までの短期決戦をいかに制すかが重要です。

 

 

今からすべきことは何か?

はっきり言います。

過去問を繰り返し解く

これしかありません。

今から新しい問題集を買う必要などは全くありません。

 

私立の場合は、各学校ごとに、入試問題の形式・出題のパターン・傾向があります。

私立高校の合格に最も必要なことは、その学校の入試問題のパターンに慣れることです。

そのために過去問を何度も繰り返し解くことが最重要事項です。

 

以前の記事で、11月の五ツ木模試、偏差値ジャスト50から関大一高を専願し、奇跡の大逆転合格を果たした小野 萌子さん(城陽中学)の合格体験記を紹介しましたが、

彼女は、中学の先生から4度も受験を止められましたが、10年分の過去問を購入し(店頭で買えなかった分はネットで購入)、 なんと10年分の5教科を5往復することにより、奇跡の大逆転合格を果たしました。

小野萌子さんの合格体験記はこちら↓↓

「意志あるところに道は開ける」シリーズ第3弾!!小野萌子さん (城陽中)中学の先生からは4度も受験を止められましたが、11月五ツ木模試E判定から、関西大学第一高等学校、奇跡の大・大・大逆転合格!!!

 

また、別の記事では、11月五ツ木模試 偏差値48、E判定から近畿大学附属高校を専願し、奇跡の大逆転合格を果たした道田 悠真君(桜宮中学)の合格体験記を紹介しましたが、

彼もまた、10年分の過去問を何度も繰り返し往復することにより、見事、大逆転合格を果たしました。

道田 悠真君の合格体験記はこちら↓↓

「意志あるところに道は開ける」シリーズ第8弾!!!道田 悠真君(桜宮中)、11月五ツ木模試 偏差値48 E判定からの、近畿大学附属高校、大・大・大逆転合格!!!

 

その他、合格が厳しいとされていた受験を見事勝ち抜いた受験生たちが、入試2ヵ月前からやっていたことも、 過去問の繰り返しがほとんどです

 

はっきり声を大にして言います!!

過去問を何度も繰り返し演習し、受験する私立高校の問題パターンに慣れた者が、私立入試を制します!!!!

過去問を何度も繰り返し演習し、問題パターンに慣れて下さい!!!

 

また、過去問を解いていく中で、苦手分野が見つかった場合は、今まで使ってきた問題集で復習して下さい。 (それがなければ塾の教材で苦手分野のコピーを取って復習して下さい。)

 

 

受験直前はなるべく実際の入試問題を使い、しっかりと本番と同じ制限時間を設定した上で解いて下さい。 そして、時間制限がある中で、「時間の使い方」「問題を解く順番」「捨てるべき問題の見極め方」などを身につけて下さい

 

また、 

土日など、朝から過去問を解く際の科目の順番ですが、試験本番のことを意識し、 なるべく試験当日の科目順で演習して下さい。

(科目の順番は高校のホームページなどで調べましょう)

普段から入試当日と同じ順番で勉強することで、入試本番、緊張した中でも普段の力を発揮しやすくなります。

 

特に、入試の1番最初の科目は、朝から勉強するようにしましょう。

 

科目の順番は学校により異なりますが、

例えば、入試当日の1番最初の科目が「国語」だとします。すると、

入試本番では朝9時から作文を書き、文章読解をすることになります。

朝の早い時間から、脳のスイッチを「国語を解くモード」に切り替えることは、普段から練習していないとできません。

特に入試本番は緊張もするため、朝一番から国語を解くことに慣れていないと、余計に普段の実力が出せなくなります。

 

1番最初の科目が「数学」だとしても同じことが言えます。

1科目が数学だとすると、入試本番は、朝9時から、計算問題を解き、文章題を解き、図形の問題を解くことになります。

朝の早い時間から「数学を解くモード」に切り替えることは、普段から練習していないとできません。

 

もし、1番最初の科目でうまく力が出せなかった場合、 2教科目以降も、そのことを引きずることになります。

そうならないためにも、しっかりと教科の順番を意識して取り組んで下さい。

午前中の教科は午前中に解けるように訓練して下さい。

特に、朝一番の科目は朝一番で解けるように訓練して下さい。

 

【フォレスト塾長が教える読んで実行すれば必ず成績が上がる勉強法一覧】

基本編最重要

社会の暗記方法(問題集編)

問題演習型の学習法(数学編)

 

■定期テスト編

定期テスト対策法

定期テストの国語の勉強法

定期テストの英語の勉強法

定期テストの数学の勉強法

定期テストの理科の勉強法

定期テストの社会の勉強法

 

■入試対策編

大阪府公立入試の得点を飛躍的に上げるために大切な3つのこと!!

大阪府公立高校入試の過去問演習は「国→数→英→理→社」の順で!!

私立専願の生徒が入試1ヵ月前からすべきこと

大阪府立高校一般選抜、直前の3日間でやるべきこと!!!

 

■小学生用

社会の暗記方法

問題演習型の勉強法(算数の勉強法)

 

■その他、勉強法関連

ノートをまとめることは勉強ではありません!!ただの作業です!!!

 

【「意志あるところに道は開ける」シリーズ ~先輩たちの合格体験記~】

■第1弾

中3、7月五ツ木模試偏差値40→8月フォレスト入塾後→12月五ツ木模試偏差値60、なんと【偏差値20アップ!!!】東淵七香さん(蒲生中)大阪府立夕陽丘高校、奇跡の大・大・大逆転合格!!!!

■第2弾

中3、7月五ツ木模試偏差値40→8月フォレスト入塾後→12月五ツ木模試偏差値55、なんと【偏差値15アップ!!!】東淵七与さん(蒲生中)大阪府立夕陽丘高校、奇跡の大・大・大逆転合格!!!

■第3弾

小野萌子さん (城陽中)中学の先生からは4度も受験を止められましたが、11月五ツ木模試E判定から、関西大学第一高等学校、奇跡の大・大・大逆転合格!!!

■第4弾

塩野葉子さん (東生野中)中3、11月五ツ木模試偏差値ジャスト50から、大阪府立天王寺高校、奇跡の大・大・大逆転合格!!!!

■第5弾

野田 遥加さん(玉津中)中3、11月五ツ木模試偏差値56 E判定からの、大阪府立高津高校、奇跡の大・大・大逆転合格!!!!
■第6弾

吉原 有亮君(鯰江中学)、五ツ木模試E判定からの、常翔学園文理コース、奇跡の大・大・大逆転合格!!!!
■第7弾

貴島千尋さん (大池中)、五ツ木模試E判定からの住吉高校(国際文化科)、奇跡の大・大・大逆転合格!!!!
■第8弾

道田 悠真君(桜宮中)、11月五ツ木模試 偏差値48 E判定からの、近畿大学附属高校、大・大・大逆転合格!!!
■第9弾

玉井 僚太君(鯰江中学)中学1年入学時、成績平均点からの、夢の志望校 府立清水谷高校、奇跡の大・大・大逆転合格!!!!
■第10弾

近藤 隼人君(大阪高校)高校3年7月フォレスト入学前偏差値40からの、京都産業大学、大阪経済大学、神戸学院大学、奇跡の大・大・大逆転合格!!!
■第11弾

鯰江中学 永田栄治君、定期テスト英語・数学ともに入塾時20点台から80点台へ60点アップ!!!見事志望の大阪学院大学附属高校 国際コース 合格!!
■第12弾

新井恵美さん(プール学院中)、プール学院中学基礎クラス(アドバンス)からの、大阪府立高津高校・大阪女学院高校(英語コース)、奇跡の大・大・大逆転合格!!!