学校成績を必ず上げます!(資料請求無料)

蒲生四丁目駅前校今里校深井校

料金を問い合わせる(資料請求)

メニュー

フォレストの塾長が教える 定期テストの国語の勉強法(蒲生四丁目個別指導) | 城東区・生野区の個別指導塾フォレスト

  • tel:06-6939-1001
  • tel:06-4306-6300
  • tel:072-269-4333

資料請求・お問い合わせ

よくあるご質問はこちら

塾長 炎のブログ~勉強法~

フォレストの塾長が教える 定期テストの国語の勉強法(蒲生四丁目個別指導)

今回は定期テストの国語の勉強法をお教えしますが、その前に注意点があります。

定期テストの国語の勉強法と、実力テストや入試問題の国語の勉強法は全く異なります。

今回は定期テストの国語の勉強法をお伝えし、実力テストの国語の勉強法はまた別途お伝えします。

 

国語の問題は漢字文法読解の3つに分かれていますので、それぞれ分けて説明します。

 

【1】漢字に関して

漢字の覚え方ですが、問題集やプリントから、テスト範囲の漢字の問題をコピーし、 社会の暗記方法でお伝えした方法で覚えて下さい。

 

【2】文法に関して

文法は、 数学の勉強法でお伝えした方法をそのまま利用して学習して下さい。

 

【3】読解に関して

定期テストの読解問題が解けるようになるために、大事なポイントが2つあります。

①音読をする

②問題演習

の2つです。それぞれわけて説明します。

 

①音読について

定期テストの範囲の本文を家で何度も音読して下さい。 何度も音読することにより、本文の内容が覚えられます。 また、漢字の読みや重要語句、どこに何が書いてあるかも覚えられます。 本文中の漢字は、全て読めるようにも書けるようにもしておいて下さい。(覚え方は 社会の暗記方法と同じです。) 何度も繰り返し音読していれば、テストの際に、内容や話の流れを覚えているので、問題の答えがどの辺りに書いてあるかがわかります。 何度も家で音読し、テストの前日までにテスト範囲の本文が頭の中に入っている状態にしておいて下さい。 覚えるまで、たくさんの回数音読をしなければいけませんが、できるだけ何日かにわけて音読を行なって下さい。 例えば、同じ15回音読するにしても、 1日で一気に15回音読するよりも、 1日3回を5日間繰り返すほうが良いです。その方が記憶に残ります。

※必ず、黙読ではなく、声に出す音読を行なって下さい。 なぜなら音読は、目で見て、声に出し、耳で聞くので黙読よりも圧倒的に記憶に残りやすいからです。

 

②読解の問題演習について

テスト範囲の学校のワークやプリントを、答えを覚えるまで繰り返しノートに解くことがポイントです。 答えを覚えるまで何周も解いて欲しいのですが、 まず最初の1周目は自力で解いて下さい。 解き終わったら答え合わせをして下さい。 そして解答・解説をしっかりと読んで下さい。 解けなかった問題の解説を読むのはもちろんのこと、解けた問題に関しても、 考え方が合っていたかどうか確認するために、解説を読んで下さい。 (自力で解き、解答・解説を読むことにより、国語の実力アップが期待できます。) 間違えた問題はワークやプリントに印を入れ、答えを覚えるまで何度も解き直しをして下さい。

 

★もし余裕があれば、塾の教材(必修テキスト、新ワーク、iワーク)の学校のテスト範囲の問題も、コピーして同じように勉強して下さい。 そうすれば更なる得点アップが期待できます。

 

<<最重要事項>>

テスト前日までに家で何度も本文を音読し、本文を頭の中に入れておいて下さい。 そしてテスト本番では、まず最初に設問を読んで下さい。本文からではなく、いきなり設問から読んで下さい。 設問を読み、答えが書いてある箇所を本文中から探して下さい。 何度も音読をしていれば、答えが書いてある箇所をすぐに探し出せます。

 

以上、定期テストの国語の勉強法でした。実力テストの国語の勉強法はまた別途お伝えします。

 

【ブログカテゴリー】

勉強法

お知らせ

学校情報

コラム

 

【フォレスト塾長が教える読んで実行すれば必ず成績が上がる勉強法一覧】

■中学生用

社会の暗記方法(問題集編)

問題演習型の学習法(数学編)

定期テスト対策法

定期テストの国語の勉強法

定期テストの英語の勉強法

 

■小学生用

社会の暗記方法(問題集編)

算数の勉強法

 

TAG index

 

111